■PROFILE

kirari

  • author: kirari
  • 激ヤバな家に里子に来てしまいました。激ヤバ親父シゲGとその妻ブービー・メイ、そしてムーコ、ピロリ、イングリッシュ・邪悪・スパニエルのテンと同居中。テンとの関係はこの上なく微妙。早起きは苦手、おやつに目がないのは大目に見てね。慣れない東京暮らしだけど頑張ります!
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    お知らせです。
    今日はみなさんに悲しいお知らせをしなくてはいけません。

    昨日小雨が降る中、このブログの主役であるきらりが急逝しました。


    1週間ほど前からきらりの様子が少し普段とは違う感じだったので獣医さんに診せたところ、

    肝臓の数値がひどくその日からすぐに投薬と点滴の治療が始まりました。

    みるみる元気がなくなり食欲もまったくなくなったきらりでしたが、

    投薬のおかげか少し回復の兆しが見え、昨日の朝も朝ごはんをおいしそうに食べていました。

    でももともとの持病だった心臓が持たず、最期はぱったりと逝ってしまいました。


    抱っこが大好きだったきらり、

    おやつが大好きだったきらり、

    誰かに体をくっつけて一日中寝ているのが大好きだったきらり、


    こんなにかわいいきらりを失って、私たち家族も悲しい気持ちでいっぱいです。

    引き取った当時から、心臓も悪い、歯もない、片方の鼓膜もない、乳腺腫瘍もたくさんある、

    そんな満身創痍なきらりだったので覚悟はしていたつもりですが、

    実際に逝ってしまうと途方もなく悲しいものです。

    私たちはきらりの本当の名前も、どこから来たのかも本当は何歳なのかも知りません。

    こんなかわいい子を捨てる人がいるなんて・・・とボタンを2つ並べたような

    まん丸の目で見つめてくるきらりを見るたびに胸が痛くなったりもしました。

    でもみなさんに一生分の抱っこをしてもらって

    一生分の「かわいい!」をもらって、

    きらりはとっても幸せだったのではないかと思います。


    今日はきらりを手厚く一時預かりしてくださったnayuさんがお別れに来てくださいました。

    きらりが逝ってしまった昨日2月27日は、偶然にもnayuさんのお誕生日だったそうです。

    これもやはり縁なのでしょうね。

    私たちときらりを引き合わせてくださったCATNAPさんとnayuさんには本当に感謝しております。


    テンもいつもと様子が違うのが分かるのか、きらりのにおいを嗅ぎに行ったり

    近くに座ってみたり、普段はしないのに家族に甘えてみたりしていました。


    思い起こせばきらりが我が家にやってきた日も昨日のような雨の日でした。

    きらりをかわいがってくださったみなさま、本当にありがとうございました。

    今でもきらりのかわいらしい「チャカチャカ」という爪音が聞こえてくるような気がします。



    2月28日

    きらりの家族一同



    スポンサーサイト
    未分類 | 13:40:35| Trackback(0)| Comments(42)
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。